プログラマに対する企業の望みとその下地

企業では収益を上げることを考えなければならないため、少ない給料でできるだけ生産性の高い仕事をしてもらいたいと考えるものである。IT系企業においてその傾向が最も顕著にあらわれているのがプログラマである。開発現場の最前線にいるものの、実際の年収の相場はそれほど高いものではなく、日本における水準は先進国においてもあまり高いとは言えない状況がある。

しかし、それでもプログラマを目指す人は多く、企業の需要と志望者のニーズがマッチしている様子があらわれている。これは企業側が期待している、少ない給料で生産性の高い仕事をするという面をクリアすることによって、働く側も大きなメリットが得られるシステムがうまく構築されているからである。

プログラミングを行うという仕事は体力的にも気力的にも充実している若い世代でなければ難しいという面があり、その時期に精力的に働ける環境を企業は提供している。そして、そこで成果を上げていくことによって、将来に役立つキャリアをつけていくことができる。働きたいだけ働けることによってより大きなキャリアを短期間でつけることも可能であり、それによってより大きな企業に転職したり、フリーエンジニアとなったり、ベンチャー企業を立ち上げたりするという道を短期間で切り開くことが可能になる。こういった将来への道を自由に歩むための下地を提供することで、企業も求めている人材確保に成功しているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です