フリーエンジニアによる確定申告と青色申告

所得税の確定申告では、自由業特にフリーエンジニアにとっては最初はハードルが高く感じられることがある。
特にそれまで簿記会計に接したことがない場合には、会計帳簿とはなんなのかすら知らないケースもあり、青色申告にとって必要な帳簿の作成にはハードルが高くなるケースも見受けられる現状だ。

ただし、芸能人や最近よく目立つようになった声優などで一部の人は、どこにも所属せずに自分でこの作業を行っている人も多い。個人規模の経理であれば少し学べば簡単にできる点が魅力であるし、また赤字の場合には翌年度黒字になったとしても翌年度の黒字と相殺できるという点も魅力となる。つまり、税金の負担が減るということだ。
これは税務署への申告である国税、所得税だけではなく、市町村役場などの住民税においても同様の処理がなされるために、軽減効果は高くなる。こうして少しでも節税に努めることができる以上、この方法を選択しないという選択肢はあまりないと言える。

フリーエンジニアにとっては会計処理などは行ったことがないという人がほとんどであろう。それでも白色申告で多額の所得税などを納税することを考えれば、少しでも節税効果がある青色申告を選択したいと考えるのは当然である。このため、少しでも簿記会計を学んでその上で取り組むのがよい。簿記検定の3級レベルの知識で十分であるので、フリーエンジニアとして働く傍ら取得を目指してみるのもよいと言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です