経験の浅いプログラマが働ける選択肢

プログラマとして働いていくにはいくつもの方法がある。
典型的にはIT系の産業で正社員となって勤務するのであるが、事情によってはそれが困難なことも少なくない。その仕事が過酷となることから家庭生活との両立が難しかったり、中途採用を目指しているためにプログラミングの経験が少なくて転職先が見つからなかったりすることがあるからである。そういった際に、フリーエンジニアとして働く道もあるが、そのためには相応の実力が伴わなければならない。経験も実力もそれほどなくても働ける道として派遣社員という方法もある。

派遣社員を雇うという場合は企業側としては緊急に人員の補給が必要になった場合が多い。そのため、高い実力や豊富な経験を期待するよりも仕事に携わる人を途絶えさせないことや、人海戦術を繰り広げることが重視される傾向にある。そういった面から求人に応募することによって採用される確率が高いというメリットがある。

しかし、こういった仕事にはプログラマとして活躍したいと考えている人にはデメリットも多い。派遣であるため正社員とは異なる扱いを受けることが多く、開発系ではなくデバッグを中心に行うことになったり、サポートの仕事を任されることになったりする傾向が強いのである。また、正社員を採用するまでの一時的な採用であることも多く、長い期間は働けないということも稀ではない。そういったデメリットも考慮してこの道を選ばなければならないだろう。

とは言っても、フリーエンジニアとして自分自身のスタイルを作るのも良いだろう。その理由として、勤務時間や勤務日は自分で決められるし、残業だってせずに、場所も選ばない。こんな好条件はあるだろうか。
唯一、不安要素になるかもしれないことといえば、案件をコンスタントに獲得できるかということだ。しかし、これだけITが発展しているお陰で専用の仲介業者というものが存在する。営業をしなくても、コネがなくても定期的に案件を獲得することができるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>